つくば市・筑西市等で新築・一戸建て・注文住宅なら

お問い合わせはこちらへ

0296-45-4545

お役立ち情報

こちらでは「お役立ち情報」について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

つくば市内にて古民家再生

筑波山一望の立地に純和風の平屋

筑波山が一望できる立地!

広い敷地には倉庫や車庫もあり、自然豊かな土地となっています。

建物は45坪を超える今話題の純和風の平屋建て。

間取りは和室8帖の2間続きと6帖の2間続き。その外キッチンにリビング、さらには土間スペースもあります!

そのままでも住む事は可能ですが、古民家リフォームや断熱改修等もヒタチハウスで請負っておりますので、是非展示場までご相談下さい!

つくば市は首都圏からの交通の便もよく、田舎の古民家に住むのも良いのでは!

家を建てるときに知っておきたいポイント

住宅取得には調査が必要

住宅メーカー選定の中で、各メーカー工務店の見積りや資金計画の内訳が異なる場合があります。

坪単価の表示は延床面積単価ではなく、施工坪単価(実際に施工する面積でバルコニーやポーチが含まれます)で表示されます。

例:1,575万円(税込)の住宅

延床面積35坪、施工床面積38坪とすると延床面積単価は45万円/坪となりますが、施工坪単価で表示すると41.44万円/施工坪単価となります。

坪単価3.56万円/坪も安い!?そうではありません。建物総額はどちらも1,575万円です。

どちらも決して間違いではないのですが、坪単価表示だけを検討材料にするのは間違いかもしれません。また住宅を建てる時に必要な諸経費は他にもたくさん項目があります。

実施予算での資金計画書をよく確認し、追加工事は発生しないのかどうか?別途工事はどの工事か?

などなど、詳細を検討するのが住宅を検討する上で第一歩かもしれません。

銀行融資と資金計画

何事にも計画が大切です

銀行融資を受ける際に、もっとも気になるのは月々の支払い金額でしょうか?ただ住宅ローンだけでは家に住み続けられません。毎月の光熱費・土地建物の固定資産税などなど。住宅ローン以外にも維持費は必要です。

また銀行融資の条件によって異なりますが、取り扱う商品によって金利も大きく変わります。

さらに住むまでには外構工事や家具・家電の設置も必要になってきます。

こういった項目や予算が資金計画書のなかに含まれているのかどうかを確認し、その合計金額での融資実行が可能なのかどうか。またその金額で支払いに無理は無いのかどうかを建物を計画するのと同時に計画を進めて下さい。

生活スタイルで決める間取り

間取りの決定は十分に考えて

間取りを検討する始めの一歩は建物の大きさと部屋数です。また建物を配置する土地の形状によっても異なりますので、土地情報も必要となります。

ベースの間取りが出来た場合、今度は生活のスタイルによって詳細を検討していきましょう。

例えばダイニング。食事は何人で行いますか?時間帯は同じですか?テレビを見ながら食事をしますか?などなど。

現在の生活スタイルを崩すのはなかなか難しいかと思いますでの、今どうしているか?これからどうしたいか?を検討すればより良い計画になるのではないでしょうか。

またお子様の部屋をどうするかも重要な項目です。一人なのか複数なのか・性別・年齢差など考えることはたくさんあります。もちろんお子様は成長しますので、5年後・10年後・20年後も視野に入れて検討しましょう。

お役立ち情報のまとめ

いかがでしょうか。こちらのページでは、下記の内容をご紹介しました。

  • 家を建てるときに知っておきたいポイント
  • 銀行融資と資金計画
  • 生活スタイルで決める間取り

その他住を計画するときについてご不明点がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0296-45-4545

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0296-45-4545

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。